無人島巡りと体験漁、宮城を遊び尽くす

休日に「無人島巡りと体験漁」に行ってみたら、とても楽しかったんです。
絵とは全く関係ないですが、アウトドア(ド)素人でも楽しかった話、
これは他の皆さんにも、と記事書いちゃいます。

なぜ無人島巡り、と体験漁なのか?

無人島、はずっと興味ありました。東京に住んでた頃は”猿島”(神奈川県横須賀市にある無人島)
横須賀市の公式サイトに行きたくて。*検索で見たら、現在はすっかりメジャーな観光地になっているようです

が、猿島上陸は実現しないまま宮城に移住、、。”猿島”は遠くなったけど、
宮城にも似た場所はないかなあと探したら、、無人島が結構あるらしい。
が、一人で無人島を楽しめるほどワイルドなアウトドア派ではない。
藪の中で一人でコーヒー沸かしたってきっと寂しくなる(笑)

で、どなたかアテンドしてくれる方いないかな〜〜と探したら、ありました!↓


早速行きたい仲間を募り、予約。日帰りの「無人島巡りと体験漁」のプランにしました。
ところが開催前日に予報を見たら、明日は大雨とある。幹事役の私、焦って施設に電話しました。
「明日大雨予報ですが、どの程度なら実施ですか?」以下 宿の主人=船長 のシンプルな答え
「大雨でも大丈夫だよ〜!行けるよ!」

若干の不安を抱えつつ朝を迎える。雨は降ってるが、豪雨ではない。
延期したら、次はいつ行けるかわからない。だからやれるなら、やっぱり今日行こう!

現地に着いた、さあ体験漁へ!

ハーバーハウス かなめに到着。ここはいわゆる釣り宿、船宿なんですね。
IMG_6375.jpg
到着してすぐに、先客がおかえりに。埼玉からの釣り人二人組みでした。県外のお客様が
多いのと、内湾で波が穏やかなので、よほどの天候でない限りは中止にしないそうです

ボートに竹の棒を積み込む船長。体験漁で使う棒、長いっ!
IMG_6381.jpg
Tシャツの「脂がのってます」に目が釘付け、、

いざ、島巡りへ出発。塩釜、松島付近は遊覧船で回ったことは何度かあります。
でも、ボートだと水深が浅いところ大丈夫なので、かなり島々の近くまで寄れるんです。
奥に見えるのは「ぼたもち島」。
たくさんの無人島にそれぞれ名称があり、それは、かつての藩主・伊達政宗が京都から
わざわざ招いた高僧(偉いお坊さん)が名付け親だそうです。
IMG_6394_20190917112212d5c.jpg
↓こちらは夫婦(めおと)島。なぜ、夫婦かというと離れているようで、よぉ〜〜く見ると
一部が繋がってます。あの大震災でも、間の小さな岩がハズレなかったそうで。
「お客さんに俺(船長)が仕込んだろって言われるけど、違うんだよ〜」と船長。
船長は「ザ・海の男」って外観で一見強面。が、実は面白くてサービス精神の塊です。
IMG_6411_20190917112211623.jpg
無人島巡りの後は、さあ、体験漁。
体験漁とは、、先ほどの長〜〜い棒で海面を叩き続ける。これが結構力がいる〜!
IMG_6413.jpg
私は「美味しい魚、とれろ〜〜!!」と叫びながら棒で叩きました(笑)
老いも若きもみんなで一斉に叩き続けるうちに野生が蘇る??!
そして、なぜか皆笑いが止まらなくなる、、、、ストレス発散にもってこい♫
IMG_6420.jpg
棒で水面を叩いて、それにびっくりした魚が網のある方に逃げ込む、
【追い込み漁】と言うそうです。さあ、網の引き上げだ〜〜
IMG_6426.jpg
↓本日の収穫!「大漁だよ〜〜、これヤバいっ!」思わず船長も叫ぶくらいの大漁。
IMG_6431.jpg
体験の後は、お昼ご飯の時間

かなめに戻り、待つこと30分。取ったばかりの魚とカニが食卓に並びます。
↓コハダの焼き魚
IMG_6433.jpg
コハダの天ぷら↓これ最高でした✨子供達にも大人気♫
IMG_6434.jpg
ヒラメの刺身。珍しい縁側の刺身もあり↓
IMG_6435.jpg
他、カニを焼いたものと、カニ入り味噌汁、あさりの巻き寿司と
ご馳走三昧でした。
どれも美味しかった〜〜!!この料理がついて、あの案内と体験(と船長のトーク)で
大人7000円弱はコスパ良すぎ、、、
IMG_6392_201909171122068c9.jpg
船長、ありがとうございました!!!

よかったら、ぜひいかが?

体験漁の宿ハーバーハウス かなめさんは、初心者向けの様々な海の遊びを
体験できますよ。

伊達政宗も大好きだったと言う「無人島での宴*」もできるとか!
*無人島に食材やお酒を運び、月見をしながら宴会という贅沢な遊び

なんかね、流行りのグランピングより、骨太でワイルドな体験が
手頃にできるし、ベテラン船長がついてるから海も安心だし。
魚をあまり食べない子供達もパクパク食べるし、
大人も子供もみんな楽しかった〜〜と笑顔になれるし。

自然相手の仕事をしてる方って(農業でも漁業でも)天候相手だからか?
なんでも柔軟に対応できるキャパがあるというか、おおらかというか、
気持ちの良い方多いですよね。参加の年齢や希望に合わせて、
かなり柔軟に対応してくれると思います。

あまりにも大きい震災があったから、今でも海に対して複雑な気持ちがある方も
少なくないと思います。「楽しいよ〜」と単純に言うのはどうかな?とも思いました。

が、子育ては期間限定。あっという間に子供は成長し、あと数年で親よりも友達と
出かけるようになる。一緒に入れるのは今だけ。だから今を楽しもう!

この期間限定の時期に、親子で目一杯いろんなことをしたくて、
そんなできた母親じゃないですが、後で「もっとこうすればよかった、、」と後悔するのは
嫌だから、可能な限りいろんな場所やイベントに飛び込んでます。

同じような考えの方のお役に立てれば幸いです♫

体験漁レポ、熱く書きましたが、ワタシ普段は画家です

丁寧に時間をかけた贅沢な作品は、目に見えない時間を閉じ込めたもの。
それが飾られた場所の空気を本物にします♫

オーダー絵画、お描きいたします
オーダーは3タイプ。ページから各サンプル多数!ブログで制作話もどうぞ。

画家 白川美紀の作品やプロフィールはこちら↓
公式FB・ Instagram ・blog 日々発信、よかったら繋がってくださいね
イタリアで美術を学んだ画家と、楽しい学びの時間

コメント

非公開コメント

トラックバック