B.型取りテンペラ画オブジェお取り扱い方法(ペットオリジナルグッズ)

B.型取りテンペラ画オブジェの時計ペットのオーダー時計)について、開梱〜飾るまでを
まとめてみました。

時計は、発送前に動作確認済み、また発送の際は慎重な梱包でと
可能なかぎり細心の注意を払ってお届けしてます。
が、輸送時の軽い衝撃などで作動しない場合は、ぜひご参照くださいませ

1、箱から時計を取り出します>>
ワイヤー を手でねじるか、ペンチで切ってそっと外します。
時計針を止めてるテープをそっと剥がします。
両方外したら、作品の側面を持ち、箱から出します。
この際、絵に鋭利なものが強く触れると絵具が剥がれる場合があります。ご注意ください。
IMG_7796のコピー
2、ムーブメントの固定を確認>>
作品を持ち上げた際、裏の黒いムーブメントがグラグラと揺れる、又は回る時は、
作品
とムーブメントを固定の八角形のナットを締めなおします
先の細いペンチを横からそっと差し込み、ゆっくり静かに左に締めてください。
IMG_7803のコピー

3、ムーブメントについてる時間調整のダイヤルを回す>>
IMG_7798のコピー
ダイヤルの動きに連動し、3本の時計針が互いに引っかからずに回ることを確認します。
針が互いに引っかかる、または、回らずにダランと垂れてしまう針がある時は、
回らない針の根元をゆっくりと押してください。
IMG_1502.jpg
片手で押しづらい場合は、下の画像のように、両手の親指で根元をそっと押してください。
針は薄く繊細なので先端を押すと曲がります。画像=赤い丸の部分をゆっくりと♫
 IMG_1503.jpg 
逆に針が重なる、ぶつかる場合は、ぶつかる針の先端をそっとつまみ、
画像=黄色の矢印の方向にそれぞれ軽く反らします
再びダイヤルを回して、針が重ならずに連動して回ればOKです
IMG_1500.jpg 
横図を描いてみました。平行でなく、ほんの少しだけ上下に角度をつけます。
IMG_1505.jpg 
最後に、一番下の短針から順番に1本づつ根元を押し3本の針を
しっかりとムーブメントに固定すること、
裏のダイヤルを回して、
3本が重ならずに連動して回ることを確認すればOKです。

4、電池をセットし、時間合わせ>>
電池が簡単に外れないよう、電池を入れる部分が少々キツめです。
+側から差し込み外側に向けて押しながら、ー側を入れるとスムーズです。

IMG_7797のコピー2
両手で電池をセットの場合は、表面の針が曲がらないように
下の画像のように空き箱に伏せて(針を浮かせて)置くか、二人で作業がおすすめです
IMG_1494.jpg 
裏のダイヤルで時間を合わせます。針が重なる、ダランと回らない
そんな場合は 3の作業から繰り返します
時間を正確に知りたいときは、周りの壁に時間(数字)の印をつけると
目安になります

5、飾ります>>
目線から高すぎない位置だといつも目が合います♪場所*を決めたら
フックを止める2本のピンを金槌などで奥までしっかり打ち込みます。
作品の紐がきつめなら、フックの少し上から、壁に押し付けるように
作品全体をゆっくり下げていくとうまく紐がかかります。

針が当たらなければ、小さなイーゼルに飾るのもオススメです。
落下にはお気をつけくださいね。

作品が額装されていないオブジェ等は、ほこりや汚れが気になりましたら、
柔らかい布で、そっと優しく表面を拭いてくださいね。油性もしくは
アクリルの表面ですので、拭いたことで表面が削れることはありません。

時計の針に触れないようにそっと拭いてくださいね^^

6、その他>>
時計パーツは 株式会社誠時さまの製品を使用しています。
使用条件にもよりますが、約5年前後で〜ムーブメント本体の
自然故障の確率が高くなります。

新しいムーブメントをご希望の場合は、ご連絡いただければ、
新品のムーブメントをお送りいたしますね。
(パーツと郵送代の実費をお願いいたします)

<交換手順>
絵を、針部分を上面にして机などに静かに置きます。
針を上から順に一本ずつそっと引き抜きます。その際、針先ではなく
差し込んである部分を指(爪)でつまんで、静かに上に引き抜いてください。
まとめてではなく一本ずつ引き抜く(入れる場合は一本ずつ入れる)と作業しやすいです。

針を外せたら、ムーブメント本体を取り外します。
絵にムーブメント本体を固定する六角形のボルト(根元を締めてます)
ペンチなどでそっと緩めて裏から本体をとり外してください。
六角ボルトの下の丸いリング状の金具はそのままにしておいてください。

裏から新しいムーブメントを入れたら、表から新しい六角ボルトで本体と絵を固定します。
あとは、取り外しと逆に手順で針をつけます。

交換に自信がない方は、どうぞご相談ください^^

他のオーダーはこちらをどうぞ

丁寧に時間をかけた贅沢な作品は、目に見えない時間を閉じ込めたもの。
それが飾られた場所の空気を本物にします♫

オーダー絵画、お描きいたします
画家 白川美紀の作品やプロフィールはこちら↓
公式FB・ Instagram ・blog 日々発信、よかったら繋がってくださいね
イタリアで美術を学んだ画家と、楽しい学びの時間

コメント

非公開コメント

トラックバック