工作のススメ 2

前回のスノードームの続き。
IMG_5205.png
さあ、材料揃ったら早速作りましょ。
nettaigyo.png 
ビンや蓋、新品でない時は(腐敗や水が濁るので)よく洗浄してね。
●ビンの蓋を裏返し、グルーガンでオブジェを固定します。

接着剤は多すぎかな〜と思うくらいたっぷりと。熱いうちに
オブジェを押し込んで固定します。火傷にご注意〜(⌒-⌒; )
割り箸やピンセットで押し込めば、火傷対策になります。
冷えてくる(固まると)とつかなくなるので、失敗したら冷えた塊を除去してやり直してね。

グルーガンはタイミングが難しいですが、何回かやるうちに必ず慣れます。
完璧なものを目指すと目標が遠くてつまらなくなる、、(笑)
ゆるゆると”作る過程”そのものをお楽しみください♫

そうそう蓋がちゃんと閉まるか、固定する前にビンをかぶせて確認すると安心ですよ。
高さのバランスも一緒に確認すると尚よし!!

少々盛り気味にオブジェやラメを入れた方が、ガラス越しでちょうど良い感じ❤️
造花の緑や他のキラキラもたくさんオブジェにつけると賑やかに。
魚のオブジェには、夏ってことでアクリル製の氷を付けました。100均で手に入りますよ。

蓋に近い部分は埋もれて見えないので、できるだけ上方を賑やかにデコってね。

●蓋にオブジェを固定したら冷ましてる間に、液体の準備をします。

ビンの3分の1まで洗濯糊を入れます。2分の1まで水を足して、ラメを投入。
割り箸やスプーンでかき混ぜで、ラメの落ちる速度や量を見てください。
オブジェを入れてからの液体やラメの調整は出し入れが大変。
ちょうどいい液体を用意してからセット、が簡単です

好みによって配合を調整、感覚的には洗濯糊がビンの半分〜4分の3程度がちょうど良さそうです。

洗濯糊が多ければ=ラメがゆっくりと落ちる
水が多ければ=ラメが早く落ちる

ラメも多いかな?くらいがちょうどいいです。何種類か混ぜて落ちる速度の違いを
楽しむのもよし。
キラキラするものを増やすと反射してとても綺麗ですよ!

ちょうどいい粘度の液体を満杯近く作ったら、洗面器などの上でビンを水平に保ちつつ
オブジェがついた蓋をゆっくり入れてそのまま締める。

空気が入るとカッコ悪いので、できるだけ液体をパンパンに詰めた状態で締めてね。

ビンの周りを綺麗にして終了!
何度かビンをひっくり返して仕上がりを最終確認♫
蓋はきっちり締めれば,接着剤でとめなくてもOK!

後日、蒸発で減った分を、洗濯糊か水、ラメや小物を入れて満杯に戻せばずっと楽しめます!

デスクや棚に飾って、時々ビンの中に閉じ込めた世界を楽しんでくださいね^^

ーーーーーーーーーー
参加させていただいてます。
私の油彩テンペラの作品ほか、いろんな技法、作家さんの動物が勢揃いです。
見応えあるのでぜひご高覧くださいね^^

作品やプロフはこちらから>白川美紀Oficial Site , Instagram, Facebookもやってます。
お気軽にフォロー、コメントくださいね⭐️

コメント

非公開コメント

トラックバック