古典と現代 3

こちらも、同じくフィレンツエのウフィッツイ美術館所蔵です。
私が行った時期は、観光客が少なく、かなり空いてました。
教科書にあるような名画が、あちこちにゴロゴロ。
しかも、ほぼ独占で観れるという贅沢。
firenntuw.jpg 
これも実際に見て、強く印象に残った作品。
美術史の教科書には、大抵登場してますね。

帰国して、そうしても描きたくなって。
人物を普遍的にかくのは難しい。
どうしても、好みや国籍、年齢など具体的にイメージされて
普遍的な何かを伝えるのは、難しいのです。
でもトライ!
otoko.png 
二人で一つ。セットで見ると、少し意図が伝わりやすいでしょうか。

onna.png
人物画、、しばらく描いてませんでしたが、またトライして見たく
なりました。

↓イベント情報や教室のこと、制作のあれこれ。どちらもフォロー歓迎

↓作品やプロフィールはこちらから、

 

コメント

非公開コメント

トラックバック