フクロウ物語①(A.油彩テンペラ画)

ふりかえること一年前、 Tさんの「フクロウを描いてみませんか?」から始まった。
(Tさんは飛行機で絵をお届けでも大変お世話になりました)
 
「フ、フクロウ、、ですか??」
 フクロウといえば、お土産屋で見かける和風なイメージしかない。

博学なTさんは私に構わず熱心に語る。
「ギリシャ神話でフクロウは女神アテナの使いと言われてるし、
 ローマ神話では女神ミネルバの従者なのよ。 つまり、学問、書物の象徴。」
フクロウに関する 熱い想い、知識を聞くうち、私もドキドキしてきた。

「ぜひ、描かせてくださいっ!!」

フクロウの絵を描くことになった

fukurou-dessan.jpg 
まずはデッサンから始めたが、 なにせ本物を見る機会はなかなかない。

フクロウの写真集、フクロウカフェ、フクロウのオブジェ、
お祭りのフクロウに触れるコーナー、動物園、 なぜかフクロウ型のクッキーに至るまで、
フクロウと聞けば、とにかく見て調べた。

「小袋=コブクロありますか?」 コンビニの店員の言葉にも反応するようになった(笑) 
気持ちだけはフクロウ三昧になったのだが、 肝心の作品はなかなかすすまなかった。

知らないと描けない

もっと「知る」にはどうすればよいか。 知恵を絞りフクロウの剥製(もどき)を入手。
茶と白を二羽を揃えて、 アトリエに置いたが、あれ??なんか違う。
P1180869のコピー_convert_20150313094543 
剥製もどきなので 顔にリアリティがないのだ。
デッサンを何枚も描いてから、ようやく気づく。
写真集を何冊も入手、動物園での画像を組み合わせて絵のイメージを膨らませる。

剥製もどきを見ずにすすめたら少し構想がまとまった。
P1190005のコピー_convert_20150312154240 
構図を変えて、何度もリトライ。 何枚も描いて形がつかめてきたころ。

油彩の本画も、構図や色を変えて何枚もトライ、 ど〜〜しても上手くいかなかったものは、
 泣く泣く途中で止めたり、トリミングしたり。。 
 個展の準備を並行しながら、進めてきたが、 あまりにも完成より遠い、うんと手前の段階で 手が止まってしまうので、弱り果てた。
 制作に夢中になると、他にエネルギーが回らなくなる。 どうも、集中力は一定の量しかないらしい。 絵にエネルギーがいく分、 ほぼ、うわの空になる。
 お風呂をうっかり水風呂で満タン、5回、、 いや、もっとか(笑) 
栓をぬいたまま、お湯をいれること3回。
 ちびこ(娘)のお迎えを忘れ、園より電話が1回。
 フライパンを焦がして、買い換えること3回。 
セーターを裏返しで、外出すること2回。 
(あんまり書くと、呆れられそうだから、 これぐらいにしとこう、、) 
まあ、とにかくエネルギーが絵に集中する分、 周り、家族にはかなり迷惑もかける。
 迷惑かけっぱなしなのに、 それなのに、絵もろくろく仕上がらないなんて! 

絵の具も高価なのに、無駄にしてるって、 ワタシ、何やってんだろう〜〜〜??
 アトリエに籠っていたら、 情けなくて、涙が出てきた。
 暗い顔で、近所のカフェにいくと、 顔なじみのおばちゃんが 「な〜に、暗い顔してるじゃない?!」 問われるまま「絵が煮詰まって、、、、 アトリエで泣いてましたあ、、」
 ボソボソ言い終わる前に、 カウンターにいた常連さん、おばちゃん、みんなが 「そう、大変だね。頑張って」 じゃなくて、、、、  「あははははぁぁーーーーーーーーー!!!」 爆笑の渦だった。
 そうだよね、いくらなんでも、泣くことないよね。 
地獄の三丁目の気分から、みんなの爆笑のおかげで 我に返った。 

Tさんに経過を報告すると「好きなようにやってください」 と寛容な返事をいただいた。 
初めの話がでてからかなりの年月が経っている。
普通だったら、忘れられているか打ち切りになる話だ。(Tさんは良い意味で普通ではない) 
ありがたくて恐縮する。
  rinngotohonn.jpg 
おかげで、ようやく気を取り直して、 頑張ろう!と前向きになった。

地獄の三丁目?の気分から生還したら、 さすがに何枚も描き続けたせいか、
ようやく、筆が進むようになった。 開き直ったのも、良かったらしい。
 途中で止まっていた作品も、パズルのピースが カチッとはまると一気に完成に向かうように、
 仕上げに向かっていった。 
 まず、構図がイマイチでトリミングした小品が 一つ完成。
 それをもとに、一回り大きなF8号サイズを進める。
 フクロウは、もう迷わずに描けるように なっていた。 
そして、さらに一回り大きいF10号サイズを仕上げる。 
このF10号サイズは、Kさんからの希望サイズより 大きいのだが、
個人的には、ぜひこのサイズで決めたいと 密かに思っていた。 
フクロウのテーマで着手してから、油彩の本画だけでも 数え上げたら、6点、、 
(かつて、ここまで続けて挑戦したことはありません)

 新記録つくっちゃう的な、7点目(!)のこのF10号サイズは、 もう、個人的な意地、、、
 いや、ここまできたら、職人魂で、ちゃんと仕上げたいっ!
 それが、Kさんに対する、私の誠意でもあります。

 FBも遠ざけ、外出も控え、ひたすらこもること3ヶ月、、
 エネルギーを振り絞り、ようやく完成しました!! 
なんか公開プロポーズみたいで、ドキドキするけど(笑)。 本邦、初公開です。 
Kさん、一年越しに(正確にはもっとですが)ようやく仕上がりました。
 やりとりに、慣れてなくて、ご迷惑もおかけしましたが、
 Kさんをイメージしたフクロウの作品(F10号サイズ)です。
 作品の説明は不得手なのですが、言葉足らずの分を 制作過程のよもやま話とともに、
 楽しんでいただければ幸いです! 
オイラーの公式

難しいお題、にかなり戸惑い&苦戦しましたが、 そのお題をいただいたおかげで、
結果として、 自分一人では、なかなか登れないステップを 一つ、越えられた気がします。 
どうも、ありがとうございました! たくさんの感謝を込めて。 P1190029のコピー_convert_20150312170308
こんなに打ち込んだテーマも多くはない、、記憶に残る一枚となりました!

丁寧に時間をかけた贅沢な作品は、目に見えない時間を閉じ込めたもの。
それが飾られた場所の空気を本物にします♫

オーダー絵画、お描きいたします
画家 白川美紀の作品やプロフィールはこちら↓
公式FB・ Instagram ・blog 日々発信、よかったら繋がってくださいね
イタリアで美術を学んだ画家と、楽しい学びの時間

コメント

非公開コメント

トラックバック