前衛的ヘアスタイル☆

ある日、おちび(娘)が紙になにやら描いていた。
「何描いてるの〜〜?」と覗き込んで、、、ハハは固まる!
hanabibannbann_convert_20131103173548.jpg
↑そこには、いつものアンパンマンではなく
激しい「何か」が!!

な、なに ? この激しいのは、一体っ??
大好きな彼(アンパンマン)でないのは確か。。。

とっさに、ハハの脳裏に浮かんだのは、中野にある画材屋さんのこと。
高校生で油絵を描き始めて、そこに何かと通いつめていた。

今日みたいに枯葉が舞う秋、、あの日は風が強かった。
お店の近くまで来ると、入り口のワゴンを店主のオジさんが
直していた。

「あ!こんに、、ち」と言いかけたその瞬間、
ひときわ強い風がピューーーーーーーーーーーーーー!!!

ひゃあ〜と身を縮めつつ、オジさんを見た私の目に映ったものは、
強風に吹かれて髪の毛が逆立ち、(まさしく↑おちびの絵)
そして、そして、なぜか短いはずの逆立った髪の毛が、

ピューーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!

風とともに、蛇の様に長〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜く伸び
まるで、乙女のロングヘアのように、たなびいたのであった。

え??? ロングヘア?!

呆然と立ち尽くす、私の視線に気づくことなく
落ち武者のようになったヘアスタイルもそのまま
ワゴンをよいしょと直したオジさん。

そして、作業を終えると、そのロングヘア(推定40〜50センチ)
を 慣れた手つきでクルクルっとまとめて頭に乗せたのでした。
そして、何事もなかったのようにいつものヘアスタイルに、
お店に戻って行ったのでした。

全ては、数分、いや数秒ともいえる出来事でしたが、
ものすごく時間がたったようにも感じられ、、、
あまりの衝撃に、すっかり目的の画材を買う事も忘れて
そのまま帰宅。

そりゃ、いろいろあるさ、、、帰りの電車で
しみじみ思った高校生の私。
また一つ大人になったよ。。

そんな出来事を思い出した、イタズラ描き。

あ、「何を描いたの?」ハハの質問に対する、
おちび(娘)の答えは
「ハナビバンバン=花火バンバン」でした。笑

コメント

非公開コメント

トラックバック