メディアテーク展、終了しました

仙台メディアテークでのグループ展が無事終了!

搬入日の数日前から、体調をくずしてしまい、
当日は、フラフラしながら何とか飾り付け。
会場にいれないことを申し訳なく思いつつ、
帰宅させてもらった。

という訳で、5日に足を運んで下さった方、
どうもスミマセン&有難うございました!

搬出日は、なんとか早めに行き他の方の作品や
新現会の会員メンバーの作品を拝見。
大作が持つエネルギーを浴びて、少し元気回復。

絵画って不思議だ。ただ、平面に色が塗られたり、
形があるだけだが、描いた人の思いやエネルギーが
確実に伝わってくる。

会場で偶然ご紹介いただいた、ある作家さんとの
出会いも良かった。
年齢不詳の不思議な初老の男性で、
個性的なマフラーと帽子が決まっていた。
(美術に携わっている方って、年齢を超越した
不思議な方も多い気がする)

「描く事は、ボクにとって特別な事じゃなく、
ゴハンを食べたりする事の延長なんだ」と
ニコニコおっしゃった。
「毎日、毎日描いて、もう60代だよ」

どこか少年のようなシャイな感じも
残しつつ、その作家さんは笑った。

私もつられて笑ってから、なんだか
とても嬉しくなった。

今回の展示で、良かったなあ〜と思う事は
いくつかあったが、その一つに
やはり「いろんな出会い」があった。

何があるかわからない、
どんな出会いがあるかわからない。
たった数日で、パッと何かが始まったり、
開けたりする。
それが、展示の醍醐味なのかな、、。

なにはともあれ、展示の無事終了に
感謝感謝、、。

推薦し、機会をくださったNご夫妻、
どうも有難うございました!

コメント

非公開コメント